2008年01月17日

お仏壇選びの前に置き場を測りましょう。

お仏壇屋に行く前に、お仏壇の安置場所が決まったら、その場所を測ってメモしておきましょう。

前回までに述べたように、お仏壇はその安置場所に適した形があり、
その形ごとにまたお仏壇のサイズがあります。

置き場の割りにお仏壇が小さすぎるとバランスが悪いですし、
また、
逆にお仏壇が大きすぎるとその場所に収まらないということもありますので、

お仏壇の安置場所が決まりどのような形のお仏壇にするかが決まったら、お店に行く前にその安置場所を測っていきましょう。

お店へ行った際にはそのメモをお店の店員に見てもらい、ちょうどいいサイズを提案してもらうといいと思います。

稀に、ご自分ですべて選ばれた方のお宅へ納品の際、実際に収めに行くと不恰好でしたり、全く収まらなかったりなんてこともありました。

その安置場所のぴったりのサイズはやはり専門家が提案しないと収まりが悪い場合もあります。

ちゃんとした知識のあるお仏壇屋さんならば、これだけのことをしておけばまず間違いないお仏壇を提案できると思います。

参考に採寸箇所


測る箇所は

 @…奥行き
 A…幅
 B…高さ

高い場所に安置する場合はその安置場所自体の高さも測っておきましょう。

念のため、お仏壇を収める際通るルートの一番狭い幅も測った方が確実だと思います。




posted by 元仏壇屋 at 17:26| Comment(22) | TrackBack(0) | お仏壇選びの前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月14日

お仏壇の形とご安置場所

お仏壇はご安置場所によってその形が決まっています。

形は主に3種類あり、

@…畳や床・地袋のない仏間や床の間などへ直に置く、高さがほとんどない場所に置くタイプ

A…タンスなど1m以上ある台の上に置くタイプ

B…テレビ台程度の高さ(30〜40cm位)の場所に置くタイプ

です。

選び方のポイントとしては、

なるべく@のタイプを検討してみたほうがいいと思います。

台の上に置くようなタイプですとどうしても台との色の差が気になることが多いですし、
私の知り合いのご住職さまも、「ちゃんとしたお仏壇」と@のタイプを指してお話されておりました。

また、
AやBのタイプと比べてお値段もほとんど変わりませんし、
これからお仏壇を置く台自体を別にご用意されるよりは
@のタイプの選ばれる方が金額的にもお得だと思います。

また、
逆にAやBのタイプを選ぶ場合、

形見のタンスや台がありその上に置きたい時や、
地袋のある仏間があるお部屋へ置きたいときなどに選ばれるといいと思います。









posted by 元仏壇屋 at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | お仏壇の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

お仏壇の置き場はなくて当たり前です。。

「大きな仏壇は高いからいらない」という方がおられます。

大きいお仏壇ほど高くて、小さいほど安いと勘違いしておられる方が多いです。

しかし、

実際は大きなものも小さなものもたいしてお値段は変わりません

お仏壇はその材質の価値・その材質を使っている量・加工の仕方でお値段が決まります。小さなものでも何百万とするものもございますし、大きなものでも何万かで買えるものもございます。

ですので、まずお仏壇を選ぶときにはまず最初にどの場所へどのようにご安置するのかを考えましょう。

また、
お仏壇を置く場所がないのでお仏壇は要らないという方がたまにおられます。

昔は家を建てるとき必ずお仏壇をご安置する専用のお仏間をつくっておりましたが、最近ではお仏間のあるお宅はあまり見かけません。

はじめからお仏壇をご安置するつもりで家を建てている方が少ないのですから、お仏壇のご安置場所がないのは当たり前です。

他の家具でしたら置き場がなければあきらめますが、お仏壇は他の家具とは違います。

現代ではお仏壇のご安置場所がないの事が当たり前な位ですので、
仏様の為にちゃんとご安置場所をご用意してさしあげましょう。。


お仏壇は大体畳一畳分のスペースがあればご安置できるといわれます。

亡くなられた方の遺品などを整理するとちょうどお仏壇をご安置できるスペースが空くそうです。。








posted by 元仏壇屋 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お仏壇の安置場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

お仏壇を置く方角について。

よくお仏壇を置くと良い方角について聞かれることがありますが、
色々諸説があります。

西方浄土説
西に仏様が居られるお浄土があるので、西向きにお仏壇を置けばお浄土をお仏壇が向き、東向きに置けば拝んだ時に私たちがお浄土を向くことになる。

本山説
本山のある方向に背を向ける形で、お仏壇を安置する
拝むときに本山に向かって拝むことになる。


その他にも方角ごとに色々説はありますので、どの方角を向いても問題はありません。

ただ私の経験上神棚とお仏壇を向かい合わせで置かれるのは、
どちらかを拝むときにどちらかに背を向けてしまうので、あまり良しとされることはありませんでした。

基本的には、
直射日光が当たる場所や、エアコンの風が直接当たる場所を避ければどの方角に置かれてもよろしいと思います。


posted by 元仏壇屋 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お仏壇の安置場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

どの部屋へお仏壇をご安置されますか?

お仏壇をご用意されるにあたって、気になるのが「安置場所」です。

皆さんどのようなお部屋へご安置されますでしょうか?

昔ながらのご自宅ですと、お仏壇をご安置する専用の仏間などがあるお部屋が必ずおひとつあったと思います。しかし最近ではそのようなお部屋があるご自宅はなかなか減ってきています。

それではどのようなお部屋にご安置すればいいでしょうか?
以下をお仏壇ご安置の参考にしていただければと思います。


よく皆様がご安置してはいけないと思っている場所に、

・二階のお部屋
・人が集まりガヤガヤしたお部屋
・台所
などがあります。

しかし、本当はどのようなお部屋にご安置されてもいいのです。
地方によってはしきたりなどで安置してはいけない場所があるかもしれませんが、そもそも仏教自体が何事にもとらわれないという考え方です。

お仏壇のご安置場所を選ぶのに何よりも優先すべきことは、これからご安置するお部屋が残されたご家族の方、また仏様自体。

皆様が納得できる場所であるのかどうかだと思います。

ただひとつだけご注意ですが、
お仏壇は自然の木材などでできています。
ですので、
乾燥・湿気が強いお部屋ではせっかく仏様の為にご用意されたお仏壇が傷みやすくなってしまいます。ですので、このようなお部屋はなるべくなら避けた方がよろしいとは思います。

それでも最優先は、皆様が納得できる場所であるのかどうかですけれども。。










posted by 元仏壇屋 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お仏壇の安置場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

お仏壇を買う時

皆さんお仏壇をどういうときにご用意されますか?

大体の方は誰かを亡くされたときにお仏壇をご用意されることがほとんどだと思います。

「まだ誰も亡くなっていないからお仏壇は買えませんでしょうか?」なんていう方が時々いらっしゃいますが、

本来はお仏壇とは一家にかならずおひとつご用意するものです
誰も亡くなっていないからといってご用意できないものではありません。

また、誰か亡くされたときにご用意されるものでもありません。

仏様のことを考えご供養してさしあげたくなったとき
そうお考えになったときには仏様にご供養してさしあげましょう。


かといっても皆さん何かのきっかけがなければなかなかタイミングがわからないと思います。

そんなときは、

人生の節目のとき(結婚等)
将来を考えたとき
大金が入ったとき

などにご用意されてもいいと思います。

また、一般的にはお盆やお彼岸時期にご用意されることが多いと思います。

仏様へのご供養をお考えのときには、私たちこの世の人間の相手を思いやるように相手の立場になってどうしたら仏様が喜ばれるかお考えになるのが一番だと思います。








posted by 元仏壇屋 at 20:09| Comment(2) | TrackBack(0) | お仏壇ご購入のタイミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

お仏壇を買いに行く前にもう一度お仏壇について考えてみよう

私が働いていたころよく

お仏壇を選ぶのに
「安いのでいいんだよ」
「高いお仏具を買わなくても気持ちがあればいいじゃないか!」
なんていう方がよくいらっしゃました。

また

奥さん旦那さんが亡くなる前、
「そんな高いものは買わなくていい」
とおっしゃっていたからと。
なかには結局お仏壇をご用意されない方もおりました。

確かに自分が妻を残して先に亡くなるとしたら、当然多くのものを残してあげたいし、そんなに高価なものはいらないお仏壇もいらないというのが当たり前だと思います。

逆にそう言わないほうがおかしな位だと思います。


しかしここで少し考えてみましょう!


もしあなたが
「そんな高いものは買わなくていい」と言い残して亡くなったとします。
たぶんあなたは心からそう思っていると思いますし、対価を望んではいないと思います。
しかし残された方があなたの為に少しでもいいものを選ぼうとしていたらすごくうれしいと思いませんか?

普通の道具は自分の為に買いますよね?

お仏壇はあなたの大切だった方の為にご用意するものです。

そして大切だった方へしてあげられる最後の贈り物で、
これからお線香をあげたりお供物をあげたり、大切だった方の為に何かをする場所だと思います。

お仏壇を選ぶことは婚約指輪を選ぶのとすごく似ていると思います。
相手にはいくらのものなのかはわかりません。
しかし相手のことを思えば思うほど少しでもいいものを用意してあげたくなりますよね。

思いが強ければ強いほど自分の中でめいいっぱいの予算で用意してあげたくなるものです。

お仏壇もそんな風に考えてご用意してあげてください。

私の経験上、早くにお子さんを亡くされた方、また、交通事故などで突然に大切な方を亡くされたような悲しみの深い方ほどいいお仏壇をご用意されていました。

高いお仏壇を買えというのではなくて、大切だった方にふさわしいものであるのか良く考えてお選びになってください。

あなたがお仏壇をご用意されてお仏壇の前で手を合わせる。
そのとき向かい合っているお仏壇があなたの大切だった方への思いの形です。

お仏壇を選びに行く前にもう一度お仏壇について考えてみませんか?














posted by 元仏壇屋 at 04:15| Comment(3) | TrackBack(0) | お仏壇選びの前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月30日

はじめまして

はじめまして 

某お仏壇屋で20年近く働いていました管理人の『元仏壇屋』と申します。


20年近くご供養の業界で働いてきた私の知識をぜひ皆さんのお役に立てられればと思いこのブログを開設いたしました。

このブログではご供養に関する便利な情報、またご供養に関する考え方などをご紹介していけたらと思います。

もしわからないことなどもあればお気軽にご質問などもどうぞ。
posted by 元仏壇屋 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | はじめまして | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。