2008年01月17日

お仏壇選びの前に置き場を測りましょう。

お仏壇屋に行く前に、お仏壇の安置場所が決まったら、その場所を測ってメモしておきましょう。

前回までに述べたように、お仏壇はその安置場所に適した形があり、
その形ごとにまたお仏壇のサイズがあります。

置き場の割りにお仏壇が小さすぎるとバランスが悪いですし、
また、
逆にお仏壇が大きすぎるとその場所に収まらないということもありますので、

お仏壇の安置場所が決まりどのような形のお仏壇にするかが決まったら、お店に行く前にその安置場所を測っていきましょう。

お店へ行った際にはそのメモをお店の店員に見てもらい、ちょうどいいサイズを提案してもらうといいと思います。

稀に、ご自分ですべて選ばれた方のお宅へ納品の際、実際に収めに行くと不恰好でしたり、全く収まらなかったりなんてこともありました。

その安置場所のぴったりのサイズはやはり専門家が提案しないと収まりが悪い場合もあります。

ちゃんとした知識のあるお仏壇屋さんならば、これだけのことをしておけばまず間違いないお仏壇を提案できると思います。

参考に採寸箇所


測る箇所は

 @…奥行き
 A…幅
 B…高さ

高い場所に安置する場合はその安置場所自体の高さも測っておきましょう。

念のため、お仏壇を収める際通るルートの一番狭い幅も測った方が確実だと思います。




posted by 元仏壇屋 at 17:26| Comment(22) | TrackBack(0) | お仏壇選びの前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月31日

お仏壇を買いに行く前にもう一度お仏壇について考えてみよう

私が働いていたころよく

お仏壇を選ぶのに
「安いのでいいんだよ」
「高いお仏具を買わなくても気持ちがあればいいじゃないか!」
なんていう方がよくいらっしゃました。

また

奥さん旦那さんが亡くなる前、
「そんな高いものは買わなくていい」
とおっしゃっていたからと。
なかには結局お仏壇をご用意されない方もおりました。

確かに自分が妻を残して先に亡くなるとしたら、当然多くのものを残してあげたいし、そんなに高価なものはいらないお仏壇もいらないというのが当たり前だと思います。

逆にそう言わないほうがおかしな位だと思います。


しかしここで少し考えてみましょう!


もしあなたが
「そんな高いものは買わなくていい」と言い残して亡くなったとします。
たぶんあなたは心からそう思っていると思いますし、対価を望んではいないと思います。
しかし残された方があなたの為に少しでもいいものを選ぼうとしていたらすごくうれしいと思いませんか?

普通の道具は自分の為に買いますよね?

お仏壇はあなたの大切だった方の為にご用意するものです。

そして大切だった方へしてあげられる最後の贈り物で、
これからお線香をあげたりお供物をあげたり、大切だった方の為に何かをする場所だと思います。

お仏壇を選ぶことは婚約指輪を選ぶのとすごく似ていると思います。
相手にはいくらのものなのかはわかりません。
しかし相手のことを思えば思うほど少しでもいいものを用意してあげたくなりますよね。

思いが強ければ強いほど自分の中でめいいっぱいの予算で用意してあげたくなるものです。

お仏壇もそんな風に考えてご用意してあげてください。

私の経験上、早くにお子さんを亡くされた方、また、交通事故などで突然に大切な方を亡くされたような悲しみの深い方ほどいいお仏壇をご用意されていました。

高いお仏壇を買えというのではなくて、大切だった方にふさわしいものであるのか良く考えてお選びになってください。

あなたがお仏壇をご用意されてお仏壇の前で手を合わせる。
そのとき向かい合っているお仏壇があなたの大切だった方への思いの形です。

お仏壇を選びに行く前にもう一度お仏壇について考えてみませんか?














posted by 元仏壇屋 at 04:15| Comment(3) | TrackBack(0) | お仏壇選びの前に | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。