2008年01月12日

お仏壇の置き場はなくて当たり前です。。

「大きな仏壇は高いからいらない」という方がおられます。

大きいお仏壇ほど高くて、小さいほど安いと勘違いしておられる方が多いです。

しかし、

実際は大きなものも小さなものもたいしてお値段は変わりません

お仏壇はその材質の価値・その材質を使っている量・加工の仕方でお値段が決まります。小さなものでも何百万とするものもございますし、大きなものでも何万かで買えるものもございます。

ですので、まずお仏壇を選ぶときにはまず最初にどの場所へどのようにご安置するのかを考えましょう。

また、
お仏壇を置く場所がないのでお仏壇は要らないという方がたまにおられます。

昔は家を建てるとき必ずお仏壇をご安置する専用のお仏間をつくっておりましたが、最近ではお仏間のあるお宅はあまり見かけません。

はじめからお仏壇をご安置するつもりで家を建てている方が少ないのですから、お仏壇のご安置場所がないのは当たり前です。

他の家具でしたら置き場がなければあきらめますが、お仏壇は他の家具とは違います。

現代ではお仏壇のご安置場所がないの事が当たり前な位ですので、
仏様の為にちゃんとご安置場所をご用意してさしあげましょう。。


お仏壇は大体畳一畳分のスペースがあればご安置できるといわれます。

亡くなられた方の遺品などを整理するとちょうどお仏壇をご安置できるスペースが空くそうです。。








posted by 元仏壇屋 at 17:58| Comment(0) | TrackBack(0) | お仏壇の安置場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

お仏壇を置く方角について。

よくお仏壇を置くと良い方角について聞かれることがありますが、
色々諸説があります。

西方浄土説
西に仏様が居られるお浄土があるので、西向きにお仏壇を置けばお浄土をお仏壇が向き、東向きに置けば拝んだ時に私たちがお浄土を向くことになる。

本山説
本山のある方向に背を向ける形で、お仏壇を安置する
拝むときに本山に向かって拝むことになる。


その他にも方角ごとに色々説はありますので、どの方角を向いても問題はありません。

ただ私の経験上神棚とお仏壇を向かい合わせで置かれるのは、
どちらかを拝むときにどちらかに背を向けてしまうので、あまり良しとされることはありませんでした。

基本的には、
直射日光が当たる場所や、エアコンの風が直接当たる場所を避ければどの方角に置かれてもよろしいと思います。


posted by 元仏壇屋 at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | お仏壇の安置場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月03日

どの部屋へお仏壇をご安置されますか?

お仏壇をご用意されるにあたって、気になるのが「安置場所」です。

皆さんどのようなお部屋へご安置されますでしょうか?

昔ながらのご自宅ですと、お仏壇をご安置する専用の仏間などがあるお部屋が必ずおひとつあったと思います。しかし最近ではそのようなお部屋があるご自宅はなかなか減ってきています。

それではどのようなお部屋にご安置すればいいでしょうか?
以下をお仏壇ご安置の参考にしていただければと思います。


よく皆様がご安置してはいけないと思っている場所に、

・二階のお部屋
・人が集まりガヤガヤしたお部屋
・台所
などがあります。

しかし、本当はどのようなお部屋にご安置されてもいいのです。
地方によってはしきたりなどで安置してはいけない場所があるかもしれませんが、そもそも仏教自体が何事にもとらわれないという考え方です。

お仏壇のご安置場所を選ぶのに何よりも優先すべきことは、これからご安置するお部屋が残されたご家族の方、また仏様自体。

皆様が納得できる場所であるのかどうかだと思います。

ただひとつだけご注意ですが、
お仏壇は自然の木材などでできています。
ですので、
乾燥・湿気が強いお部屋ではせっかく仏様の為にご用意されたお仏壇が傷みやすくなってしまいます。ですので、このようなお部屋はなるべくなら避けた方がよろしいとは思います。

それでも最優先は、皆様が納得できる場所であるのかどうかですけれども。。










posted by 元仏壇屋 at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | お仏壇の安置場所 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。